HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  小説(ミステリー)   »  東野圭吾  »  虹を操る少年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹を操る少年

虹を操る少年 東野圭吾

虹を操る少年 (講談社文庫)




あらすじ
「光にメロディがあるの?」「あるさ。みんな、そのことに気づいていないだけさ」。“光”を“演奏”することでメッセージを発信する天才高校生・光瑠(みつる)。
彼の「光学」に、感応し集う若者たち。
しかし、その力の大きさを知った大人たちの魔の手が忍び寄る。
新次元コミュニケーションをめぐる傑作長編ミステリ。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

光と音楽を演奏するシーンを頭の中で想像して作品の中に入っていく感じ
映像でみてみたい

オチはもう少し先がほしいなと物足りなさを感じはしましたが途中の描写がすごく印象的で心に残りました

最近心がボヤっとしている時に読むのがオススメ!
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Thanks
カテゴリ
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PR
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。