HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  小説(ミステリー)   »  東野圭吾  »  時生

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時生

【時生】    東野圭吾


時生 (講談社文庫)







あらすじ
不治の病を患う息子に最期のときが訪れつつあるとき、宮本拓実は妻に、二十年以上前に出会った少年との思い出を語りはじめる。どうしようもない若者だった拓実は、「トキオ」と名乗る少年と共に、謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追った------。


…………………………………

過去・現在・未来が交差するお話でした。
東野圭吾さんの作品をたくさん読みましたが
この作品はいつもと違う、とても心に残る作品でした。

どうなるのか展開も分かりながら読んでいたのですが
最後の台詞を読んだ時は鳥肌がたっちゃいました

とても面白かったので是非オススメの作品です

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Thanks
カテゴリ
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PR
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。