HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  小説(ミステリー)   »  東野圭吾  »  ダイイング・アイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイイング・アイ

ダイイング・アイ  東野圭吾

ダイイング・アイ (光文社文庫 ひ 6-11)



あらすじ
記憶を一部喪失した雨村槇介は、自分が死亡事故を起こした過去を知らされる。なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が何を考えて行動していたのか、思い出せない。しかも、関係者が徐々に怪しい動きを見せ始める...。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ホラー小説のようなちょっと怖い感じの作品でした。冒頭の交通事故の描写から生々しく怖いです。
ホラーが苦手な私はあまり得意な作品ではないなぁと感じました。
読み終えてだいぶたちますが、いまだに本棚のダイイング・アイの背表紙を見るだけでゾクっとします。

オチも後味が良い感じとはいえないのですが、怖いモノ嫌いな私でも読み始めると止まらないというサクサク読める作品です

霊だとか怨念だとか、そういうの好きな方是非オススメです
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Thanks
カテゴリ
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PR
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。