HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  小説(ミステリー)   »  東野圭吾  »  白夜行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白夜行

白夜行  東野圭吾

白夜行 (集英社文庫)



あらすじ
1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。
被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂―暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別々の道を歩んで行く。二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。だが、何も「証拠」はない。そして十九年...。息詰まる精緻な構成と、叙事詩的スケール。
心を失った人間の悲劇を描く、傑作ミステリー長篇。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


こちら映像にもなっております

白夜行 [DVD]



白夜行 完全版 DVD-BOX



読んでいてちょっと怖くなりました…そして映像をみて更に怖っ!
かなりダークな作品です。長編ですし重さ倍増。
厚さになかなか手がでませんが、ガっつり系がお好きな方にオススメです。


幻夜
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Thanks
カテゴリ
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PR
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。